ホソヘリカメムシ, アオクサカメムシ, イチモンジカメムシおよびブチヒゲカメムシによるダイズ子実汚斑病(仮称)病原菌 Eremothecium coryli の保菌および媒介 Carrying and Transmission of Eremothecium coryli (Peglion) Kurtzman as a Causal Pathogen of Yeast-Spot Disease in Soybeans by Riptortus clavatus (Thunberg), Nezara antennata Scott, Piezodorus hybneri (Gmelin) and Dolycoris baccarum (Linnaeus)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

E.coryliはダイズ子実汚斑病(仮称、英名:yeast-spot disease)の原因菌として知られている。ダイズ子実汚斑病(仮称)を媒介するカメムシ類の種を特定するために、2006年の7月から9月にかけて京都府および広島県内のダイズ圃場において、ホソヘリカメムシ、アオクサカメムシ、イチモンジカメムシおよびブチヒゲカメムシを採集した。採集されたホソヘリカメムシ、アオクサカメムシ、イチモンジカメムシおよびブチヒゲカメムシ成虫のE.coryliの保菌率はそれぞれ、77.7%、35.7%、20.4%および43.8%であった。また、採集されたホソヘリカメムシ幼虫のE. coryliの保菌率は11.5%であったが、アオクサカメムシおよびブチヒゲカメムシ幼虫からは分離されなかった。採集されたホソヘリカメムシ、アオクサカメムシ、イチモンジカメムシおよびブチヒゲカメムシ成虫はそれぞれ、81.6%、50.0%、16.7%および40.0%が、健全ダイズ種子にE. coryliを媒介した。これら4種のカメムシが、ダイズ子実汚斑病(仮称)病原菌E. coryliを保菌、媒介することができることが示唆された。

<i>Eremothecium coryli</i> has been identified as the causative agent of yeast-spot disease in soybeans. To determine which true bug species might be vectors for yeast-spot disease in Japan, <i>Riptortus clavatus</i>, <i>Nezara antennata</i>, <i>Piezodorus hybneri</i> and <i>Dolycoris baccarum</i> were collected from commercially grown soybean plants in Kyoto and Hiroshima Prefectures, in July to September 2006. The carrying rates of <i>E. coryli</i> were 77.7, 35.7, 20.4 and 43.8% on <i>R. clavatus</i>, <i>N. antennata</i>, <i>P. hybneri</i> and <i>D. baccarum</i> adults, respectively. The carrying rate of <i>E. coryli</i> was 11.5% among <i>R. clavatus</i> nymphs. But <i>E. coryli</i> was not isolated from <i>N. antennata</i> and <i>D. baccarum</i> nymphs. The transmission rates of <i>E. coryli</i> to immature soybean seeds were 81.6, 50.0, 16.7 and 40.0% by <i>R. clavatus</i>, <i>N. antennata</i>, <i>P. hybneri</i> and <i>D. baccarum</i> adults, respectively. The results suggested that these 4 species are capable of carrying and transmitting <i>E. coryli</i> that cause yeast-spot disease in soybeans.

収録刊行物

  • 日本応用動物昆虫学会誌

    日本応用動物昆虫学会誌 52(1), 13-18, 2008-02-25

    日本応用動物昆虫学会

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006646542
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186121
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00214914
  • NDL 記事登録ID
    9396244
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物) // ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-41
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ