語彙史・語構成史上の「よるごはん」 Yoru-gohan : From the Viewpoint of the Historical Study of Vocabulary and Word Structure

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

<夕食>を意味する「よるごはん」は、現在若年層を中心に使用される新語と見なされているが、その成立は少なくとも第二次大戦前後にまで遡ると見られる。当初は児童が用いる稚拙な印象の語であったため、文字資料に残されることが少なかったが、近年では夕食時間帯の遅延や朝食の欠食という食環境の変化に伴い、これが妥当な表現という意識が生じて使用が拡大し、新聞記事や国会発言および小学校教材等でも使用されるという、《気づかない新語》としての性格をも有するに至っている。「よるごはん」の成立要因としては、<夕食>時間帯表現における「よる」の使用があげられるが、さらにその遠因に、二食時代の「あさ」-「ゆう」の対応に「ひる」が加わった結果、「ひる」-「よる」という対応意識の生じたことが存すると考えられる。「よるごはん」の出現は、食事時間帯語彙に「よる」が加わった点で新しいものであるが、旧くは存在しなかった「よる」を前項要素とする複合語という点においても特筆すべき存在で、語彙史・語構成史の両面から注目すべき語と言える。

The term yoru-gohan, meaning supper, is a new word used mainly by today's youth. But its formation goes back to at least the time of World War II. Although this word is hard to trace in documents because it was an unpolished expression used by children, recently it has come to properly express changes in eating habits, such as the delay of supper time and the lack of breakfast. Yoru-gohan is now used in newspaper articles, remarks in the Diet, elementary school teaching materials, and can be counted as a Kizukanai Shin-go("unnoticed new word"). Yoru-gohan derives from yoru 'night' to express supper time. Hiru 'afternoon' was added to the basic formation for asa 'morning' and yu 'evening' meals. Yoru is in contrast to hiru. Yoru-gohan is a new phenomenon not only in yoru being used as meal vocabulary, but also because yoru is used as the first half of a compound word. Therefore, yoru-gohan is a notable word from the viewpoint of the historical study of vocabulary and word structure.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 3(4), 33-48, 2007

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006651028
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    8961611
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ