高橋五郎『[和漢/雅俗]いろは辞典』の資料性 The Nature of Information on "Wakan-gazoku Iroha-jiten" by TAKAHASHI Goro

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿は、主に「語を単位」とした語釈が配置されていると考えられる『[和漢/雅俗]いろは辞典』(以下『いろは辞典』)を観察し、明治期語彙研究資料としての『いろは辞典』の有用性を述べることを目的とした。和語・漢語項目共に最も多く観察できた「語釈」のかたちは「見出し項目-漢字列(=漢語)-和語釈義」であった。これは漢語には和語を、和語には漢語を配置しているとみることができ、書名の「和漢」につらなる方針と考えられる。また、漢字列に「漢語」が配置されたということは、明治期においてはそれが最も自然なかたちであったからと考えられる。明治期非辞書体資料に現れる漢字列と振仮名をそれぞれ語と認めたとき、『いろは辞典』の「見出し項目」と「語釈」として「循環」することが見いだせた。これらは「結合」を有していた二語であると考えることができ、明治期の語(や語彙)を考える際に『いろは辞典』が有用であると考えられる。

"Wakan-gazoku Iroha-jiten" was edited by TAKAHASHI Goro and published in the 21^<St> year of Meiji Era (1888). In this dictionary, the explanation of meanings was apparently given word for word. By analyzing the rules on which the explanations of meanings in "Wakan-gazoku Iroha-jiten" were based, the association of words becomes clearer. Therefore, the following can be said. The meanings often explained in both wago and kango entries (komoku) are as follows: Midashikomoku - kanjiretsu(=kango) - wagoshakugi. It seems wago were used to explain kango and kango were used to explain wago due to principles connected to the title "Wakan." Furthermore, if the kanji row (kanjiretsu) and title (furigana) in the non-dictionary data of the Meiji Era are acknowledged as words, repetition of the midashi entry and the meaning of the words in "Wakan-gazoku Iroha-jiten" are confirmed. These words could be associated as two-word entries. Thus, the "Wakan-gazoku Iroha-jiten" is useful in considering the vocabulary of the Meiji Era.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 3(4), 106-94, 2007

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006651036
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    8961819
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ