肉用牛肥育経営における品種選択が経営成果に与える影響に関する計量分析  [in Japanese] An econometric analysis for the choice of fattening variety and economic performance in Japanese beef cattle farms  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

肉用牛肥育経営における品種の選択・構成の問題は、素牛導入時、すなわち肥育牛の更新のたびに迫られる恒常的な問題であり、肥育牛経営が行う品種選択がもたらす経営成果への影響を定量的に明らかにすることは経営が維持・発展していく上で大きな意義があると考える。このような問題意識から、本稿では、肉用牛肥育経営の経営発展を飼養品種の選択・構成という観点から分析していくことを課題とする。上記の課題に対して、本稿では社団法人中央畜産会より提供を受けた経営調査結果を用いて、肉用牛肥育経営の品種選択が経営成果に与える影響を定量的に解明する。以下、本稿では次のような構成で課題に接近する。まず第2節では、予備的考察として、肉用牛肥育経営の経営発展に関する先行研究の整理を行い、品種選択が経営成果へ与える影響を明らかにするための分析視角を明確化する。続く第3節では、本稿の分析モデルと分析結果を提示し、考察を行う。第4節は本稿のまとめにあてる。

We analyzed that the choice of fattening variety in beef cattle farms and the effects on profitability and financial safety with micro data. We analyzed three types of functions: the ratio of agricultural income to net sales, the ratio of operating profit to total assets, and the quick ratio. The results are as follows: (1) the rising fattening ratio of F1 improves the ratio of agricultural income to net sales. (2) the rising fattening ratio of F1 worsens the ratio of operating profit to total assets. (3) the rising fattening ratio of beef breed improves the quick ratio.

Journal

  • Technical bulletin of Faculty of Agriculture, Kagawa University

    Technical bulletin of Faculty of Agriculture, Kagawa University 60(113), 29-37, 2008-02

    Kagawa University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006657847
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00038339
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03685128
  • NDL Article ID
    9431590
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL Call No.
    Z18-247
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top