国連におけるスポーツ政策の展開 : 「スポーツと体育の国際年」に着目して Implementation of sport policies in the United Nations : A Focus on 'International Year for Sport and Physical Education'

この論文をさがす

著者

抄録

国連は2003年11月の国連総会決議によって、2005年を「スポーツと体育の国際年」と制定した。その制定目的は、教育、健康、開発、平和に対してスポーツと体育の持つ潜在的な力を世界各国が認識し、スポーツと体育を政策の中に反映させていくこと、とされている。そのための具体的な取り組みとして、年間を通じて様々なイベントが国際的なレベルからコミュニティーのレベルに至るまで数多く開催された。そしてそれらの成果は2005年12月の「マグリンゲン実施要項2005」として集約された。このような国連の「スポーツと体育の国際年」は2000年に国連が発表した「ミレニアム開発目標」との密接な関係がある。またIYSPEにおける様々な取り組みは、1970年代のスポーツ・フォー・オール運動や2004年の「スポーツを通じた教育のヨーロッパ年」といった蓄積の上に立つものである。

The United Nations adopted the resolution declaring 'International Year for Sport and Physical Education' (IYSPE) in November, 2003. Its aim is that all countries in the world recognize the power of sport for education, health, development and peace and reflect them for their policies. As a concrete action, many events and conferences were hold through the year from international to community level. The achievement of IYSPE was consolidated as 'the Magglingen Call to Action' which was adopted in the 2nd Magglingen Conference on Sport and Development in December, 2005. IYSPE are strongly connected with Millennium Development Goals. Activities and events in IYSPE are on accumulations of sport policies in Europe such as 'Sport for All' and the European Year of Education through Sport 2004.

収録刊行物

  • 尚美学園大学総合政策研究紀要

    尚美学園大学総合政策研究紀要 11, 19-31, 2006-03-31

    尚美学園大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006658698
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11546318
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13463802
  • NDL 記事登録ID
    7972453
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-F28
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ