有機伝導体における光誘起相転移の超高速レーザー分光 Ultrafast Laser Spectroscopy of Photoinduced Insulator to Metal Transition in Organic Conductors

この論文をさがす

著者

抄録

超短パルスレーザーを用いた光誘起絶縁体-金属転移は,光励起状態を介して,モット絶縁体や電荷秩序などの電子の秩序状態を融解するダイナミックな光誘起現象である.そのような凍結した電子の融解によってつくられる光誘起金属状態は,多くの場合寿命が短く,その性質はよくわかっていない.本稿では,二次元有機伝導体に対象を絞り,赤外光領域の超高速分光からわかる,光誘起金属状態の生成機構と,その電子的,熱力学的な性質について紹介する.

Photoinduced melting of charge order(CO) in [bis(ethylenedithiolo)]-tetrathiafulvalene(BEDT-TTF) salts was investigated by femotosecond spectroscopy. Comparative studies on two polytypes exhibiting large (θ-(BEDT-TTF)_2RbZn(SCN)_4) and small (α-(BEDT-TTF)_2I_3) molecular rearrangements through the CO transition were performed. Ultrafast melting of CO for both compounds demonstrates the major contribution of the electronic instability due to Coulomb interaction. Thermodynamic nature of the photoinduced metallic states is discussed on the basis of the critical slowing down.

収録刊行物

  • 日本物理學會誌

    日本物理學會誌 63(5), 361-365, 2008-05-05

    一般社団法人日本物理学会

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006664599
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00290181
  • NDL 記事登録ID
    9497384
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-13
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ