セキュリティテスト手法(<特集>「信頼性・保全性・安全性の事例:情報処理・ソフトウェア編」〜信頼性ハンドブック出版から10年を経て〜) Software Testing for Security Function(<Special Survey>"Case Studies on Reliability, Maintainability and Safety -10 Years from the last Reliability Handbook Publication-" Part 3 Information Processing and Software Engineering)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

セキュリティテストの難しさは,絶えず変化する攻撃手法に対応できるテスト手法が存在しないことにあったが,セキュリティに対する取り組みを開発ライフサイクルに組み込む手法の進展や,静的解析などにみられる各種セキュリティテストツールの発展により,一応の成果が見られるようになってきた.本稿では,セキュリティテスト手法の近年の動向について述べる.

収録刊行物

  • 日本信頼性学会誌 信頼性

    日本信頼性学会誌 信頼性 30(3), 215-222, 2008

    日本信頼性学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006666089
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10540883
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0919-2697
  • NDL 記事登録ID
    9516627
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-2023
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ