最近の認知研究からみたe-ラーニングの可能性  [in Japanese] Contributions of Recent Cognitive Approaches to Research on E-Learning  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では, 現在初等教育から高等教育まで, その普及が著しいe-ラーニングについて, その効果的な利用のために展開されている認知心理学的研究の二つを概観する。その第一はe-ラーニング学習環境で学習者に要求される学習方略(自己制御学習)に関する研究である。この研究の成果は, e-ラーニング学習環境における学習成果を向上させる教育的支援のあり方 (足場掛け) について有益な示唆を提供している。そして第二は, 学習者の認知的アーキテクチャに言及した認知的負荷理論の発展である。e-ラーニング学習環境における課題要求と, それを実行するための学習者の心的資源の関係をシステマティックに分析する視座を提供してくれている。それぞれの研究潮流を概観した上で, そうした研究アプローチが今後のe-ラーニングにおいてどのような意味を持っているのかについて著者なりの考察を加える。

The present paper reviews 2 cognitive approaches to research on e-learning. One theme has to do with learning strategies in relation to self-regulated learning in e-learning environments. Findings from that type of research provide rich insights into how to scaffold learning activities so as to lead learners to improved performance. The second theme has to do with cognitive load theory, dealing with cognitive constraints existing in human cognitive architecture. Findings from this latter type of research suggest how it might be possible to overcome cognitive overload when learners face difficult task requirements. The present article also discusses disciplines that might support learners' activities in e-learning environments and issues for future research.

Journal

  • The Annual Report of Educational Psychology in Japan

    The Annual Report of Educational Psychology in Japan 47(0), 178-187, 2008

    The Japanese Association of Educational Psychology

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006666166
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00057901
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0452-9650
  • NDL Article ID
    9504499
  • NDL Call No.
    Z7-183
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE  NDL-Digital 
Page Top