訓点資料の展開史における有鄰館蔵『春秋経伝集解巻第二』の位置(<特集>資料研究の現在) The Position of the 2nd Volume of Chunqiu-jingzhuan-jijie(Shunju-keiden-shikkai) Owned by the Fujii Yurinkan Museum(<Special Issue>The Current State of Document Research)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿は、唐代写本として夙に著名な有鄰館蔵『春秋経伝集解巻第二』が、第一群点によるヲコト点本位の訓点資料であることを報告し、加点内容と加点方法の検討から加点年代を平安中期以前と推定する。さらに本資料に見られる加点の特徴を訓点資料の展開史の中で位置づけ、漢籍訓点資料には従来から指摘があるような仏書訓点資料との関係とは別に、中国様式を起源とするもうひとつの流れがあったことを推定する。

The purpose of this paper is to explain the following about the 2nd volume of Chunqiu-jingzhuan-jijie(Shunju-keiden-shikkai) owned by the Fujii Yarinkan Museum. 1) This manuscript copy is diacritical materials(Kunten-shiryo) in which the first group type of Okoto-ten(Dai-ichi-gun-ten) are used. 2) It can be presumed that these Okoto-ten were added in this manuscript copy before the middle of the Heian Period. 3) When this manuscript copy is placed in the history of the development of diacritical materials as a whole, it can be presumed that Chinese academic methods influenced the diacritical materials of the Chinese classics, apart from the influence of Buddhist scriptures methods.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 4(1), 15-30, 2008

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006782124
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    9330904
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ