語彙の量的構造史モデル(<特集>資料研究の現在) A Historical Model of Japanese Vocabulary Structure by Statistical Methods(<Special Issue>The Current State of Document Research)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

小稿の目的はフロッピー版『古典対照語い表』を資料にして,語彙の量的構造史モデルを提案することにある。見出し語の使用頻度と時代的使用範囲を基準にした量的語彙構造分析法により,上代,中古,中世の各時代の語彙構造の二次元モデルと,それをさらに抽象化した語彙構造の一次元モデルとを構築する。各レベルの共時態を時系列順に並べることにより,各レベルごとに語彙の量的構造史が構築されることになる。それにより,語彙の量的構造史自体が抽象レベルの違いによる多層構造になると解釈した。

In this article, I propose a historical model of Japanese vocabulary structure using 13 classics from the eighth century to the twelfth century. I developed a statistical method for analyzing vocabulary structure, and analyzed the vocabulary structures of three eras -the Nara era(710-784), the Heian era(794-1185) and the Kamakura era(1185-1333). Because the table to analyze vocabulary structure consists of frequencies and lexeme use ranges, every vocabulary structure of the three eras is a two-dimensional structure at first. I call this the "surface structure". However, when we focus on the distribution of stable data, a one-dimensional structure becomes apparent in the numerical distribution form of the lexemes. I call this the "deep structure". I propose a historical model of Japanese vocabulary structure by arranging the vocabulary structures in chronological order, and I interpret this historical model of Japanese vocabulary structure as a multilayered structure.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 4(1), 112-129, 2008

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006782130
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    9331200
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ