国内学術雑誌における海外からの投稿パタンの分析 Investigation of Articles Submitted from abroad to Japanese Academic Journals

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 孫 媛 SUN Yuan
    • 国立情報学研究所 情報社会相関研究系 Information and Society Research Division, National Institute of Informatics
    • 柿沼 澄男 KAKINUMA Sumio
    • 国立情報学研究所 情報社会相関研究系 Information and Society Research Division, National Institute of Informatics

抄録

学協会刊行の学術雑誌(学会誌)は研究成果の発信,流通に重要な役割を果たしており,わが国の学会誌についても,研究成果の海外発信,国際的な共有という観点から,その国際化が求められている.近年,日本の学会誌への海外からの投稿が増えているといわれるが,その実態は必ずしも明らかではない.本研究では,国立情報学研究所の「引用文献索引データベース」(CJP) を用いて,海外からの投稿論文が多いわが国の学会誌を抽出したうえで詳細に分析し,日本の学会誌の国際化の現状の一端を明らかにする.

Scholarly journals published by Japanese academic societies play important roles in dissemination and sharing of Japanese researchers' research results. To further promote their international distribution, internationalization of the Japanese academic journals in various aspects is required. In recent years, articles submitted from abroad to those journals seem to be increasing. In this study, we look the situation surrounding academic journals in Japan through detailed analysis on those journals with high percentages of foreign researchers' papers, based on the CJP database, produced by National Institute of Informatics.

収録刊行物

  • 情報知識学会誌

    情報知識学会誌 18(2), 117-122, 2008-05-23

    情報知識学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006782177
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10459774
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09171436
  • NDL 記事登録ID
    9548919
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1782
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ