日本の論文誌や科研費における研究組織の協力体制や動向の可視化  [in Japanese] A research on visualization for collaboration research and its trend in Japanese journals or Grant-in-Aid  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 西澤 正己 NISHIZAWA Masaki
    • 国立情報学研究所 情報社会相関研究系 Information and Society Research Division, National Institute of Informatics
    • 孫 媛 SUN Yuan
    • 国立情報学研究所 情報社会相関研究系 Information and Society Research Division, National Institute of Informatics
    • 柿沼 澄男 KAKINUMA Sumio
    • 国立情報学研究所 情報社会相関研究系 Information and Society Research Division, National Institute of Informatics

Abstract

学術研究においては、個人研究のみならず共同研究が数多くなされている。その中でも複数機関にわたる共同研究は分野による違いが大きく現れる。我々は、日本の学術論文のデータベースであるCJP データベースと科学研究費補助金成果概要データベースを用い、共著および研究分担者の組織間の繋がりを可視化するソフトウェアを開発した。分野や年度、地域性等の状況を可視化し、主に分析のための補助となる機能を多く盛り込んでいる。

Collaborating research is made abundantly in the academic research. A difference of aspect by the research field appears especially in collaboration work with several organizations. We develop software for visualization of collaborating research on CJP database and KAKEN database. This software is most useful for analyzing an aspect of fields, trends, and locality of academic research.

Journal

  • Joho Chishiki Gakkaishi

    Joho Chishiki Gakkaishi 18(2), 123-130, 2008-05-23

    Japan Society of Information and Knowledge

References:  8

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006782178
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10459774
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09171436
  • NDL Article ID
    9548932
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-1782
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top