情報処理様式を活かした描画と書字指導 : 継次処理様式が優位な一脳性麻痺幼児について Figure Drawing and Letter Writing Training Focusing on Strong Sequential Processing Style : A Case Report about a Child with Cerebral Palsy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

K-ABC (Kaufman Assessment Battery for Children)により、同時処理過程に比べ継次処理過程が優れていることを明らかにされた脳性麻痺幼児(インテーク時5歳3ヵ月)1名に対して、微細運動の指導に加え、得意な情報処理様式(=継次処理過程)を強調した描画および書字の指導を行った。指導方針として、(1)全体との関連性よりも個々の情報の順序性を重視すること(図形や文字を視覚的に全体をとらえたり、イメージすることよりも、書き順を強調する)、(2)聴覚言語的手掛かりを与えること(「止め」、「曲げ」、「はね」などを音声化し、区別させる。手続きもまた音声化、言語化する)、(3)継次的に処理することが得意であることを意識させることを挙げた。その結果、それまで描くことができなかった四角、三角などの図形を描くことが可能となり、さらに、ひらがなの1/3以上を書くことができるようになった。

The Japanese version of the Kaufman Assessment Battery for Children (K-ABC) was used to show that the sequential processing ability of a child (CA=5:3) with cerebral palsy and developmental delay in drawing and writing was stronger than his simultaneous processing ability. Figure-drawing training and letter-writing training were carried out based on sequential processing style. This program focused on the following points: (a) presenting information in sequential order, rather than as a whole, (b) giving audio-linguistic cues, and (c) helping the child be aware that his sequential information-processing ability is strong. Through this program, the child came to be able to draw squares and triangles, and to write one-third of all hiragana characters.

収録刊行物

  • 特殊教育学研究

    特殊教育学研究 33(4), 25-32, 1996

    一般社団法人 日本特殊教育学会

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006785036
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00172513
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0387-3374
  • NDL 記事登録ID
    3931743
  • NDL 雑誌分類
    ZF9(教育--各科教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-314
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ