インターネット時代の"レファレンスライブラリアン"とは誰か?(<特集>レファレンス再考) Who is a "reference librarian" in the Internet age?(<Special feature>Rethinking reference services)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 井上 真琴 INOUE Makoto
    • (財)大学コンソーシアム京都 高等教育研究推進事業部:同志社大学 Division of Higher Education Research Projects, The Consortium of Universities in Kyoto

抄録

インターネット情報源の増大にともない,レファレンスサービスは変容の機を迎えている。情報源の紹介から,多様な情報源を総合的に活用し利用者の問題解決を支援する,より踏み込んだサービスに変わりつつある。また,従来の図書館のオントロジー(分類法,件名法,目録法など)に加え,ウェブ時代の新たな情報技術とそれが生み出すオントロジーを見据えたレファレンス対応が求められる。本稿は,現場での実例を挙げながら,今後のレファレンスライブラリアンに必要な能力要件を検証する。

With the spread of information resources on the web, the role of reference services at libraries has changed dramatically. Under a situation where users can easily access information resources, the role of reference librarians is not merely to satisfy users' needs by introducing information resources in the traditional way, but to show them ways to effectively find relevant resources, and to suggest ways to integrate information into knowledge to use as solutions for the overall research process. What capabilities do reference librarians need in order to fulfill this role? One is meta-cognitive ability in searching for information resources, and another is being able to understand new technologies for segmenting information and new ontologies, for example, using folksonomy (collaborative tagging) in the Internet world. This paper discusses how these capacities can be acquired, by giving some examples of reference transactions.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 58(7), 329-334, 2008

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006793614
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    9548192
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ