教育工学研究の指向性と論文の評価傾向分析の試み  [in Japanese] Directivity of Educational Technology Research and Analysis of Reviewing Points for Journal Papers  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 植野 真臣 UENO Maomi
    • 電気通信大学大学院情報システム学研究科 Graduate School of Information Systems, The University of Electro-Communications

Abstract

教育工学における研究の評価指向として,独立な評価観点である「実践指向」と「理論指向」を抽出した.論文評価における評価指向の影響を検討するために,学会員と編集委員会委員との間で教育工学研究に対する評定値を比較したが,顕著な違いは見られなかった.また,実際に論文誌に掲載された「実践論文」と「一般論文」について,「実践指向」と「理論指向」で比較検討したところ,2つの論文カテゴリの間には有意な違いは見られなかった.さらに,調査した評定値に基づく論文の総合的評価をモデル化して分析したところ,論文には実践的貢献がある上に理論的貢献が求められていることを明らかにした.教育工学においては,実践指向を十分考慮して研究を進めたり,論文をまとめることの重要性を指摘した.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 30(1), 1-8, 2006

    Japan Society for Educational Technology

References:  13

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006794596
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    7990450
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top