大学において情報基礎教育がなした成果と今後のありように関する提言(<特集>情報教育の成果と課題)  [in Japanese] What kind of Roles Should be Taken in the Past and What Shall be Instructed in the Future-in Informational Education Fundamentals at Higher Education Institutions in Japan?(<Special Issue> Accomplishments and Issues in Information and Communication Technology Education)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

わが国の大学における最近十数年間の情報基礎教育の様子をまとめた.この間,情報基礎教育が残した成果は,文系理系を問わずほとんどの学生がパソコンをある範囲内で扱えるようになったことである.しかしながらその教育にはいくつかの要素が不足していた.それらは情報収集と発信に関するルール(正しい日本語の使用を含め),情報倫理教育,アルゴリズム教育など-単なるスキル教育を越えるものである.今後の情報基礎教育では,これらに関し不足部分を補うとともに,更なる強化が必要であるとした.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 30(3), 269-274, 2006

    Japan Society for Educational Technology

References:  23

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006794623
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    8674279
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
Page Top