掲示板を用いた教師と生徒のコミュニケーションに関する事例研究  [in Japanese] Case Study of Communication Between the Student and the Teacher Used by Bulletin Board  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では,1週間に1回程度の頻度で1対1の対面授業を行う教師と学習者に焦点をあて,非対面時に掲示板などの非同時コミュニケーションのメディアを利用することにより,対面授業時のコミュニケーションが促進されるという仮説を立てた.具体的には,堀江(2005)のコミュニケーションに関する4つの機能を指標とし,1組の家庭教師と中学生の授業時の発話を分析する事例研究を行った.その結果,掲示板導入前は教師から生徒への指示・指導が対面時のコミュニケーションの6割以上を占めていたが,導入後は生徒からの発話や両者の関係を安定させる会話が増え,両者のコミュニケーションの機能のバランスが良くなり仮説が検証できた.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 30(Suppl.), 29-32, 2006

    Japan Society for Educational Technology

References:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006794649
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    8656782
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
Page Top