京鳴バーチャル教育大学実践における受講生の「フレーム」変容  [in Japanese] Change of Students' Frame in Kyoto-Naruto Virtual University of Education Project  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では,京都大学教育学部の授業と,鳴門教育大学大学院学校教育研究科の現職小・中・高教員対象の授業を連携させ,教育の理論と実践について議論することを目的とした京鳴バーチャル教育大学(KNV)実践の概要を示し,また,相手大学に現職教員あるいは京大学生という自己とは異なった顔を持つ<他者>がいることによる「フレーム」の変容に関する考察を,インタビュー及び電子掲示板の発言をもとにおこなった.その結果,一部「フレーム」の変容が困難であった受講生もいたが,教育に関する知識に関する「フレーム」変容だけではなく,教育に関する考え方や議論の仕方等,形式に関する一定の「フレーム」の変容が認められた.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 30(Suppl.), 113-116, 2006

    Japan Society for Educational Technology

References:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006794670
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    8657249
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top