実践的研究の方法に関する小中学校教師の認識 Research on the Understanding of Teachers at Primary and Junior High Schools for Research Methods on Educational Practices

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

筆者らは,小・中学校の現場教師に対して質問紙による実践的研究の方法などに関する調査を行った.結果として,教師は学校外の考えよりも,学校に身近な考えを信頼することが分かった.実践的研究の方法に関しては,経験則に基づくかどうかという区別が存在し,その中で経験的な研究方法を支持する傾向があった.更に,共分散構造分析からは,実践知による信念が大きく実践的研究の方法に関する認識に影響していることが示された.したがって,学校外の人間が,一方向的なアプローチで,非経験的な方法を導入するかのような認識を学校現場の教師に与えた場合,その導入には困難が伴うことを示唆した.また,若手教師の方が,身近な考えをより信頼する傾向があることを示し,その特性に応じたインサービス・トレーニングが必要となることを論じた.

The authors conducted a questionnaire survey on the methods for educational practice research among school teachers. Consequently, we concluded that teachers trust the opinions of those close to them rather than the opinions obtained from sources outside the school. With regard to educational practice research methods, the teachers had an understanding of both the experiential and non-experiential methods and expressed a preference for experiential research methods. Moreover, it was found that belief based on practical knowledge considerably affects teachers' understanding of educational practice research. Therefore, it is suggested that it is difficult for out-of-school researchers to introduce non-experiential methods and theories in schools using a one-sided approach. Novice teachers had more tendency to trust familiar idea and an in-service training adapted to the feature was needed.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 31(2), 175-185, 2007

    日本教育工学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006794707
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    9267088
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ