画像解析による簡易瞬目・瞳孔測定法の検討と生理心理学教育での利用可能性  [in Japanese] Easily Accessible Method for Eyeblinks and Pupils Measurement Using an Image Analysis System, and Availability for Physiological Psychology Education  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では無料の画像解析ソフトウェアを用いて,瞬目および瞳孔を容易に測定するための方法や実用性について検討した.その結果,眼瞼が閉じるときの眼球上での濃度変化をScion Imageで測定することで,瞬目を検出することが可能となった.また,得られた瞬目波形からは,瞬目率,瞬目間間隔,瞬目持続時間を導き出せることが明らかになった.一方,ImageJで瞳孔の画素数を計測することで瞳孔面積が導き出せ,瞳孔面積の変化を容易に検出することが可能となった.さらに,アンケート調査を実施した結果,生理心理学教育での利用が可能であることが示唆された.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 31(Suppl.), 1-4, 2008

    Japan Society for Educational Technology

References:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006794738
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    9381230
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top