同期型CSCLシステムのサムネイルによるアウェアネス支援の研究 : 小学校6年生「水よう液の性質」の班別実験活動から  [in Japanese] A Study of Awareness-Support, with Using Thumbnail of Synchronous CSCL : From "Property of a Water Solution" Group Experiment in Sixth Grade of Elementary School  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

同期型CSCLシステムである「Kneading Board」のサムネイル機能を改善し,他者の作業状況に関するアウェアネス(気づき)支援の実態を,小学校6年生「水よう液の性質」の班別実験活動での利用から評価した.学習者はサムネイルを容易に操作することができ,サムネイルから複数シートのアウェアネス情報を把握していた.学習者は,シート内はサムネイルのスクロール機能によって画面をスクロールしたり,シート間ではサムネイルの切り替え機能によって当面の作業対象のシートを切り替えたりして,目的のアウェアネス情報へ即座にアクセスしていた.これが契機となって自らの実験活動の再認識や改善が行われた.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 31(Suppl.), 49-52, 2008

    Japan Society for Educational Technology

References:  3

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006794750
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    9381436
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top