ノートテイキングにおける方略使用の効果に関する検討  [in Japanese] The Effects of Strategies of Note-Taking on Learning  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では,ノートテイキングにおける方略の使用が学習内容の理解に与える効果について検討した.調査1では,学習者のノートから6つの方略(箇条書き・強調・図表・下線・囲み・矢印)を抽出した.調査2では,方略使用の数やノートに書かれた重要なキーワードの数とテストの関係について検討した.調査2の結果から,理解度の高い学習者は低い学習者に比べ,(1)学習内容においてポイントとなる内容をより多く抽出できていること,(2)ノートテイキング方略を多く使用していることが確認された.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 31(Suppl.), 197-200, 2008

    Japan Society for Educational Technology

References:  8

Cited by:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006794787
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    9381798
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top