時間重みと外的規準を用いた動作評価手法 A Method of Motion Evaluation using Time Weights and External Criteria

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,映像データの立体高次局所自己相関(CHLAC)特徴を時間重みで積分した映像特徴と外的規準を用いた動作評価手法を提案する.映像の時間的な伸縮を吸収するために,フーリエ級数展開を用いた連続関数として時間重みを導入する.そのフーリエ係数は外的規準に基づいて最適化される.さらに,得られた時間重みを用いて映像特徴を算出し,これと外的規準を用いて判別分析もしくは重回帰分析により動作評価を行う.2種類のスポーツ映像に対して動作評価実験を行ったところ,良好な結果が得られた.

We propse a motion evaluation method which utilizes temporally weighted CHLAC features of motion images and external criteria. To cope with the changes of time length, we employ continuous time weights expanded by Fourier series. The Fourier coefficients are optimized in the learning with external criteria. The optimal features for evaluating the motion images are obtained from the optimal weights and either Fisher Discriminant Analysis or Multi Regression Analysis. Experimental results showed a favorable performance in two sports video images.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア]

    情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア] 162, 47-52, 2008-03-10

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006820223
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11131797
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    9460486
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ