ユーザ参加型メディアにおける知識蓄積プロセスの分析  [in Japanese] Analysis of Knowledge Accumulation Process in Consumer Generated Media  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 大内 東 OHUCHI AZUMA
    • 北海道大学 大学院情報科学研究科 Graduate School of Information Science and Technology, Hokkaido University

Abstract

近年,パソコンや携帯端末の普及に伴いインターネットの利用者数が増加,結果"Social Networking Service"や"Consumer Generated Media"などでの,情報交換,コミュニケーション手段として利用されるケースが増加している.これらのユーザ参加型メディアに対し,その新たな仕組みや情報推薦・ビジネスモデルの策定,また,構造解析からのコミュニティ分析,可視化などといった研究はすでに多く行われているが,一方で今後を見据えた,新たなユーザ参加型メディアが登場した際の発展の様子を解析・予測したものは現状では見受けられない.そこで本研究ではこれらユーザ参加型メディアにおいて,コンテンツである知識がユーザによっていかに蓄積されてゆくのか,そのプロセスをシミュレーションによって分析することを試みた.

In recent years, the number of Internet user is increased as the personal computer and the portable terminal spread. So the cases used Social Networking Service or Consumer Generated Media, etc. as an information exchange and a communication means have risen. A lot of research such as the community analysis and making to visible from the structure analysis, plot out a new mechanism and business model, information recommendation, have already been done to those media. However there are few researches that stares at the future like forecast and analyze the appearance of the development of new media. In this research, we tried to analyze how the knowledge accumulate on user participation media.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. GI, [ゲーム情報学]

    情報処理学会研究報告. GI, [ゲーム情報学] 19, 33-36, 2008-03-12

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006820346
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11362144
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    9457590
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-1121
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top