わが国の数学教育は数学を日常の中で活用する能力を重視しているか--PISA2003年調査のDIFによる分析 Do students in Japan learn how to use mathematics in real-life situations?: an analysis of items in the 2003 Programme for International Student Assessment (PISA 2003)

この論文をさがす

著者

抄録

わが国の生徒は数学の知識や技能を日常生活の場面で活かす能力が弱いと言われている。OECDが実施している生徒の学習到達度調査(PISA)は,このような生活に関係する課題を活用する能力を測ることを目的とした国際的な学力調査である。この調査の結果から,他の国と比較したわが国の特徴を分析することができるが,国の成績の順位や各項目の正答率はその国の教育水準を反映するため,知識を日常場面で活かす力という観点からはそれを直接比較することはできない。本論文では,PISA2003年調査の「数学的リテラシー」の結果を反応パターンから分析し,多母集団IRT(Item Response Theory)によるDIF(Differential Item Functioning)の検討を行うことで,それぞれの国に所属する同一水準の学力の生徒の反応パターンの違いを明らかにした。分析の対象は,オーストラリア,カナダ,フィンランド,フランス,ドイツ,香港,アイルランド,イタリア,日本,韓国,オランダ,ニュージーランド,アメリカの13か国である。分析の結果,この13か国のうち,わが国は最も特異な困難度のパターンを持っているということが明らかになり,またその特徴として,日常生活に関連する項目を解く力が弱いということが示された。

It has been said that Japanese students lack the ability to apply their knowledge and skills to real-life situations. The Programme for International Student Assessment (PISA), conducted by the Organisation for Economic Cooperation and Development (OECD), is a test that measures that ability. However, using the test's results to make cross-country comparisons of students' "skills for life" is not possible because of differences among countries in educational level. The purpose of the present study was to examine differences in item difficulty across countries, using multiple group item response theory (IRT), in order to detect any differential item functioning (DIF) in "mathematical literacy." Participants were 99,175 examinees in 13 countries and areas (Australia, Canada, Finland, France, Germany, Hong Kong, Ireland, Italy, Japan, Korea, Netherlands, New Zealand, and the United States) who took the Programme for International Student Assessment in 2003 (PISA 2003). Analysis revealed that Japan has a most unusual pattern of item difficulties. Especially, the Japanese participants were not good at solving questions in real-life situation.

収録刊行物

  • 教育心理学研究

    教育心理学研究 56(2), 206-217, 2008-06

    日本教育心理学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006824995
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00345837
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    00215015
  • NDL 記事登録ID
    9564347
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-182
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ