学力の国際比較(PISA)は本当は何を比較したのか? : 日本人と西洋人の思考と言語の根本的相違点 What did the Program for International Student Assessment (PISA) really assess? : Fundamental differences of thoughts and languages between Japanese and European People

この論文をさがす

著者

抄録

2000年から3年置きに実施されているOECDによる15歳国際学力調査(PISA)で日本がトップの座から次第に順位を下げていることについて、教育界やジャーナリスムの世界では「学力の低下」とセンセーショナルに論じられており、PISAの問題自体やOECDの掲げる理念そのものを真っ向から批判する論調は日本では皆無と言って良い。本論文ではPISAへの根底的批判と生徒たちの解答に反映されている日本人特有のメンタリティーについて解説する。

The results of the Japanese 15-year-old students in PISA (Program for International Student Assessment) have dropped down in the last three occasions executed triennially from 2000 by OECD. This has caused hysterical sensations in the pedagogical world as well as in journalisms. No radical criticism against PISA problems and the concepts advocated by OECD has been raised so far. In this presentation we give fundamental criticism against PISA's way of thinking as well as a characteristic mentality of the Japanese shown in the students' way of answering in PISA examinations

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語

    電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語 108(50), 1-6, 2008-05-23

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006825066
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10449078
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    9528325
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ