「ものづくり」と大学初年次教養教育における創造力育成プログラム An employment of making handicrafts as an educational program for creativity development for first grade students in the course of liberal education of the University

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大学教育において、創造力の育成はきわめて重要な課題の一つである。とりわけ大学初年次の学生に創造力の基礎をつけるための科目をカリキュラムの中に組み入れることが必要である。平成17 年度より徳島大学全学共通教育において、創成学習科目を導入し、創造力の育成ためのプログラム開発をおこなっている。創成学習「つたえることとものづくり」では、「ものづくり」を通して、創造力の育成を目指している。受講生の評価は高いが、モチベーションの持続と発展という課題もある。「ものづくり」は、技術的な側面が取り上げられることが多いが、ここでは、「ものづくり」という素材が、教養教育にどのように生かすことが出来るかという観点から、その可能性と方向性ついて考察した。Education for the improvement of creativity is one of the most important issues in the course ofundergraduate education in universities. In the University of Tokushima, subjects for creativity developmentwere introduced for liberal education in 2005. We are now studying the program for the creativitydevelopment. One of the subjects for creativity development, "Handicraft and social communications" isaimed to develop creativity by enjoying handicrafts. Though the result of a questionnaire revealed that thissubject is popular among students, the sustainability of the motivation is the issue for further development of thisproject. In this paper, we discussed on the usefulness of the establishment of handicraft class for thedevelopment of motivation for learning in the course of general education.

収録刊行物

  • 大学教育研究ジャーナル

    大学教育研究ジャーナル 4, 1-14, 2007-03

    徳島大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006828709
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1199130X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18811256
  • NDL 記事登録ID
    9406985
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z71-R151
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ