共創型授業における社会人活用の展開 A trial engagement of men of ability as a teaching staff from the local community in the practical educational program for mutual creativity development

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

徳島大学全学共通教育では、平成17 年度より地域の社会人を活用して体験を取り入れた共創型授業を実施している。『身近な福祉を見て・知って考えてみる』では、障害者福祉だけでなく、教育改革、生命倫理、太平洋戦争、日本国憲法など幅広い視野から福祉を考える授業を、社会人を加えた共創型学習科目として実施した。通常の授業では、学生の側から意見を出し合うことには限界があるが、今回の共創型学習科目は、学生の側から出た意見を中心に、社会人を交えて討論する形で展開することが出来た。また、『「つたえること」と「ものづくり」―科学で遊ぼう―』、『「つたえること」と「ものづくり」―あいのメッセージ―』では、ものづくりを素材としたグループ学習を行い、必要に応じて社会人を含めた討論を行う形式の授業を行った。その結果、様々な項目において教員とは違った視点からの意見を学生から引き出す役割を社会人が担っていることがわかった。また、このような社会人活用の効果が、専門的人材の不足する開発途上国の教育においても有効であることを検証する目的で、深刻なマラリア流行地であるソロモン諸島国マライタ島の小学校において、現地の定年退職者などを活用した共創型授業を行った。野外での体験学習を通じて、マラリア媒介蚊の生息を明記したリスクマップを作成した。その結果、児童たちだけではなく、教員や社会人自身にも良い刺激となったという反応があり、児童に対する教育だけでなく地域社会の衛生環境の向上に貢献できる新たな教育法であることが示された。For a new educational program in the General Education Course of the University of Tokushima, called"Mutually Creative Development by Practical Lecture", we recruited assistant teaching staff from the localcommunity from 2005. In the program "Experience, understand and put the welfare system of the communityinto practice", we studied various subjects such as "Disabled persons' welfare", "Reform of education","Bioethics", "The pacific war" and "Constitution of Japan". In this class we made continuous efforts to havebi-directional communications between students and teaching staffs. In the other class "Handicraft and socialcommunication-introduction to science" and "Handicraft and social communication-message of Ai", wefocused on the making of handicrafts with group discussions. The assistant staff played important roles on thegroup discussion as leaders of the group. Students got to know the assistant staff well, resulting in the activediscussions in the class. To apply this educational program to the developing countries, we tried a similarprogram focused on "malaria" disease in the primary school class of Solomon Islands, one of the holoendemicareas of this disease. In the course of a field study, a risk map was made to indicate the habitat distribution ofanopheline mosquitoes, the vector of malaria parasites. Not only school children but also school teachers andassistant teaching staff were satisfied with the program. Thus, this new educational program was verified tocontribute toward developing the community health as well the health education for primary school children.

収録刊行物

  • 大学教育研究ジャーナル

    大学教育研究ジャーナル 5, 13-25, 2008-03

    徳島大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006829329
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1199130X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18811256
  • NDL 記事登録ID
    9443471
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z71-R151
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ