シーロメータにより観測されたドームふじの雲・降雪の鉛直分布と季節変化 Seasonal variation in vertical distribution of cloud and snowfall obtained by ceilometer at Dome Fuji Station

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 平沢 尚彦 Hirasawa Naohiko
    • 情報・システム研究機構国立極地研究所 National Institute of Polar Research, Research Organization of Information and Systems

抄録

第44次南極地域観測隊のドームふじ基地におけるシーロメータ観測の結果から,雲及び降雪粒子の鉛直プロファイルの季節変化の概要をまとめ,特徴的な鉛直プロファイルを示した.夏季の2003年2月,12月,及び2004年1月には高度1000m以下に明瞭な雲底が検出される場合が比較的多かった.4月から10月には高度3000mから5000m(標高約7000-9000m)層で夏季より高頻度に雲が観測された.極夜期には高度1500m以下の層でストリーク状の降雪が観測され,これまでの研究と比較し議論した.このストリーク状の降雪は地上に近いほど後方散乱係数が大きくなる特徴を示した.

A ceilometer was operated at Dome Fuji Station during the 44th Japanese Antarctic Research Expedition from February 2003 to January 2004. This report describes characteristics of the vertical distribution of cloud and snowfall using the backscattering coefficient obtained from the ceilometer. Optically thick cloud in the layer lower than 500m above the surface appears more frequently in summer season (February 2003, December 2003 and January 2004) than in other seasons. In the upper troposphere from 3000m to 5000m height above the surface (that is, from approximately 7000m to 9000m above sea level), moderate clouds appear relatively frequently from April to October. In many cases in the polar night, snowfall events in the layer lower than 1500m give rise to a backscatter coefficient that decreases with height, which is characteristic of a streaky snowfall distribution in a height -time section.

収録刊行物

  • 南極資料

    南極資料 52(特集号), 159-169, 2008-06-30

    国立極地研究所

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006835835
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00181831
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    00857289
  • NDL 記事登録ID
    9660578
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-316
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ