ドームふじにおける放射観測 Radiation observation at Dome Fuji Station, Antarctica

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

第44次南極地域観測隊により,2003年2月1日から2004年1月20日の地上放射観測(短波上向き・下向き,長波上向き・下向き)の結果を報告する.放射計ドームの着霜を回避する目的でファン付き放射計を用いた上向き,下向きの長波放射,及び下向きの短波放射は1997年の観測値と比較的近い値を示し,両年の観測の妥当性を示唆した.しかし,ファンのない放射計を用いた上向き短波放射は,極夜前後の1-2カ月において下向き短波放射を上回るなど,異常値を示している.着霜がこの原因の候補の一つであるが,確かめられない.データの修正については今後の課題とする.また,極夜期の上向き・下向き長波放射について,典型的な地表面放射冷却時期と放射冷却が抑制される時期について,事例を示した.

This paper reports radiation observations at Dome Fuji Station from February 1, 2003 to January 20, 2004, carried out by the 44th Japanese Antarctic Research Expedition team. The radiometers which measured the upward longwave radiation (LWu), the downward longwave (LWd) and the downward shortwave (SWd) were equipped with fans to avoid frosting on the surface of the radiometer dome by air circulation. The upward shortwave radiation (SWu) measured by a radiometer without fan needs correction, which we leave as a problem for the future. In addition, as for LWd and LWu in the polar night, a typical radiational cooling case and a suppressed radiational cooling one are shown.

収録刊行物

  • 南極資料

    南極資料 52(特集号), 170-181, 2008-06-30

    国立極地研究所

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006835836
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00181831
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    00857289
  • NDL 記事登録ID
    9660587
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-316
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ