ガ類の聴覚情報戦略-愛と死の超音波をめぐって  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 中野 亮
    • 東京大学 大学院農学生命科学研究科 応用昆虫学研究室

Abstract

ガ類において聴覚は,コウモリによる捕食の回避や種内の音響交信をおこなう上で重要である.大部分の種は,ヒトが感知できない超音波に対して,感受性のある鼓膜器官を聴覚受容器として持つ.本稿では,ガ類における聴覚系の特性を,鼓膜器官の構造・機能及びそれらの多様性について解説する.聴覚が司るガ類のユニークな行動である,コウモリの発する「死」の超音波からの回避と,「愛」の超音波による種内交信について,生理・生態から進化的背景までの知見を解説する.

Journal

  • Journal of the Society of Biomechanisms

    Journal of the Society of Biomechanisms 31(3), 130-133, 2007-08-01

    Society of Biomechanisms Japan (SOBIM)

References:  25

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006838873
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00334047
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    02850885
  • NDL Article ID
    8960174
  • NDL Source Classification
    ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL Call No.
    Z14-853
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top