体験型ゼミ『徳島の文化遺産「吉野川第十堰」から学ぶ自然と人間の共生』の実施と共生環境教育としての意義 現代GP「豊饒な吉野川を持続可能とする共生環境教育」の一環として A practical training in environmental education for traversal thinking of a historical heritage of Tokushima,Daiju dam in Yoshino river : a educational significance of environmental education for symbiosis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

徳島大学総合科学部では、昨年度の試行ゼミに引き続き、今年度より現代的教育ニーズ取組支援プログラムの一環として、環境教育のための体験型ゼミ「豊饒な吉野川を持続可能とする共生環境教育」の授業を開始した。現在、持続可能な社会システムの構築は、地球レベルの課題となってきている。環境問題は、国家レベルの政策と共に、地域社会の果たす役割が大きく、今後はさらに特色ある地域の取り組みが求められることが予測されている。この体験ゼミでは、環境問題が時代を超えた総合的な問題であることを体得するために、徳島の文化遺産である吉野川第十堰、地域の天然記念物である巨樹イチョウの調査、さらに伝統文化としての藍染めや食文化体験を吉野川周辺の動植物生態調査と組み合わせた総合体験学習型とした。総合科学の必要性を体験的に学ぶためにも、このように、地域に根ざした総合体験型学習を取り入れた環境教育プログラムは、総合科学教育の主要な柱の一つとして体系化してゆく必要性があると考えられる。

収録刊行物

  • 大学教育研究ジャーナル

    大学教育研究ジャーナル 5, 128-132, 2008-03

    徳島大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006839244
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1199130X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18811256
  • NDL 記事登録ID
    9443811
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z71-R151
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ