放射線治療が著効した micropapillary tumor を含むpT1膀胱癌リンパ節転移の1例 A CASE REPORT : LYMPH NODE METASTASIS OF MICROPAPILLARY BLADDER TUMOR THAT COMPLETELY RESPONDED TO RADIATION THERAPY

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

67歳, 女性. 近医での膀胱鏡にて膀胱癌を疑われ, 2003年4月5日当科を紹介受診. 膀胱鏡に揖指頭大広基性乳頭状腫瘍を認めた.<br>2003年4月22日TUR-Btを施行. 病理はUC, G3, pT1であった. その後膀胱内に再発は認めなかったが, 2006年11月CA19-9およびCEA高値を指摘され当科再診. CTにて骨盤内リンパ節腫大を認めため2006年12月5日開腹生検を施行. 病理診断は micropapillary pattern を有するUCであった. 小盤腔に放射線照射60Gyを行い画像上CR, マーカーも正常化した. 2007年7月時点では再発を認めず過観察中である.

A 67-year-old woman was referred to our hospital in April 2003 because of a bladder tumor. Cystoscopy revealed a thumb tip size and wide based papillary tumor. TUR-Bt was performed. Histologically, the tumor was UC, G3 and pT1. There was no recurrence of tumor in bladder after that. 3 years later, she was referred again with high serum levels of CA19-9 and CEA. Computed tomography showed bilateral lymph node swelling in the pelvis. An open biopsy of the lymph node was done and it contained UC with a micropapillary component. Radiation therapy achieved completely response. Serum levels of CA19-9 and CEA were within normal limits. She has never had a recurrence of tumor until July 2007.

収録刊行物

  • 日本泌尿器科学会雑誌

    日本泌尿器科学会雑誌 99(5), 652-655, 2008-07-02

    社団法人日本泌尿器科学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006839618
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196577
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215287
  • NDL 記事登録ID
    9602581
  • NDL 雑誌分類
    ZS39(科学技術--医学--皮膚科学・泌尿器科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-203
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ