AIDにおける「出自を知る権利」 : AIDで生まれた人たちが求める提供者情報とは "The Right to Know" in AID : Donor information sought by AID offspring

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2003年、厚生科学審議会生殖補助医療部会の「精子・卵子・胚の提供等による生殖補助医療制度の整備に関する報告書」の中では、提供された精子・卵子・胚を利用した生殖補助医療(DC)で生まれた子の福祉を尊重するという姿勢から、DCで生まれた人たちに提供者を特定できる情報をも提供するという方針が提示された。そこでDCの中でも、すでに生まれた人が成人し、自らの経験を語ることが可能なAIDに注目し、この技術で生まれた者5名を対象にインタビューを実施して、彼らがどのような提供者情報を望んでいるかを考察した。結論としては、AIDで生まれた人たちは提供者の氏名や住所、社会的情報や医学的情報のみならず、精子提供者のそれまでの人生や生き方、現在の生活、嗜好、考え方などを含む人間性や人柄を知ることを強く望んでいることがわかった。こうした点から法の中では、将来DCで生まれてきた人たちがその提供者と会うことを前提とした措置についても講ずるべきだと考える。

In 2003, the Committee on Assisted Reproductive Technology published its "Report on the Development of a Medical System for Assisted Reproductive Medicine Using Donor Sperm, Eggs, and Embryos," which proposed the drafting of legislation for donor conception (DC) in Japan. In its report, the Committee added an item about disclosure of information permitting identification of donors to DC offspring in order to ensure their right to know. We interviewed 5 people born through artificial insemination with donor's semen (AID), and heard about their experiences as DC offspring and their opinions about disclosure of donor information. Then we analyzed their statements and reviewed what kinds of donor information they wish to obtain. Our conclusion is that AID offspring seek to learn not only identifying information about the donor such as name, age, address, academic background, job history and medical history, but also about the donor's personality by meeting him if possible. Finally we suggest the need to consider measures premised on the assumption that DC offspring will meet their donors in the future.

収録刊行物

  • 生命倫理

    生命倫理 16(1), 147-153, 2006

    日本生命倫理学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006858341
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10355291
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1343-4063
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ