文系学部の情報教育へのプログラミングの導入 : PENを用いた実践例  [in Japanese] Programming Education for Liberal Arts College Students with PEN  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 吉田 智子 YOSHIDA Tomoko
    • 京都ノートルダム女子大学 人間文化学科 Department of Cross-Cultural Studies, Kyoto Notre Dame University

Abstract

文系学部のみを持つ京都ノートルダム女子大学では、2005年度より「初学者向けプログラミング教育環境PEN」を利用したプログラミングの授業を開始している。そして、2007年度からは利用範囲を拡大し、共通教養科目「情報処理」の授業にもPENを利用したプログラミングの授業を導入した。それらの導入実践を、情報教育へのプログラミングの導入例として紹介したい。

In 2005, I started programming education at Kyoto Notre Dame University for liberal arts students with "PEN:Programming Environment for Novices." I believe that programming education makes students understand essential characteristics of computers. In this paper, I report on my experiences and student responses.

Journal

  • IPSJ SIG Notes

    IPSJ SIG Notes 95, 71-78, 2008-07-12

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  8

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006862491
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10096193
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    9604545
  • NDL Call No.
    Z14-1121
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top