対話型教示エージェントモデル構築に向けた漫才対話のマルチモーダル分析  [in Japanese] Multimodal Analysis of Manzai Dialogue Toward Constructing a Dialogue-Based Instructional Agent Model  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は,漫才対話が二者間での対話形式を取りながら第三者である観客への情報伝達を可能とする〈オープンコミュニケーション〉構造を持つことに着目し,発話・視線・姿勢などのマルチモーダルな要素間の相互作用の分析を行うことにより,二体の擬人化エージェントの対話を通じてユーザに効果的にインストラクションを行う対話型教示エージェントモデルを構築する上で有用な知見を得ることを目的とする.特にオープンコミュニケーションの大きな特徴の一つであるコミュニケーションの「外部指向性」に焦点を当て,非明示的な観客への情報伝達である「外部指向性」と直接的に観客への働きかけを行う「内部指向性」の両者が,どのように演者内のマルチモーダルな振る舞いと演者間のインタラクションによって実現されているかをプロの漫才師の対話映像の分析から探った.結果として,オープンコミュニケーションにおける指向性の顕在化は,今回分析対象とした二組の漫才コンビ間で異なる形式を持つことが明らかとなり,オープンコミュニケーションの指向性を捉える上でマルチモーダルなチャネル間の相互関係が重要な役割を果たしていることがわかった.

Our research aims at constructing a dialogue-based instructional agent model. To achieve the goal, we propose an `open communication' model as a novel framework for instructional contents, and analyze the interrelations among verbal and non-verbal modalities (speech/gaze/posture) in manzai dialogues. In particular, focusing on inward or outward-oriented function of open communication, we analyzed two video contents of manzai dialogues and explored how multimodal behaviors and interactions of the two pairs of laughmakers realized either of the communicative functions. As a result, we found that the ways of realizing the communicative orientedness differed between the pairs of laughmakers in manzai dialogue based on the interrelations of their speech and multimodal behaviors.

Journal

  • Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics 20(4), 526-539, 2008-08-15

    Japan Society for Fuzzy Theory and intelligent informatics

References:  20

Cited by:  5

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006862951
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1181479X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13477986
  • NDL Article ID
    9619167
  • NDL Call No.
    Z15-649
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top