E-Cell System を用いたアルコール耐性酵母に関するモデル構築 Construction of an Ethanol-Tolerant Yeast Model using the E-cell System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 鎌田 真由美 KAMADA Mayumi
    • 奈良女子大学大学院 人間文化研究科情報科学専攻 Graduate School of Humanities and Sciences, Nara Women's University
    • 仲嶋 なつ NAKAJIMA Natsu
    • 奈良女子大学大学院 人間文化研究科情報科学専攻 Graduate School of Humanities and Sciences, Nara Women's University
    • 高田 雅美 TAKATA Masami
    • 奈良女子大学大学院 人間文化研究科情報科学専攻 Graduate School of Humanities and Sciences, Nara Women's University
    • 城和貴 JOE Kazuki
    • 奈良女子大学大学院 人間文化研究科情報科学専攻 Graduate School of Humanities and Sciences, Nara Women's University

抄録

清酒醸造では特有の醸造手法を用いるため酵母菌の生成するエタノールは高濃度に達する.そのため醸造工程においてアルコールに強い耐性を持つものが求められる.このような酵母菌は時間,コストのかかる試行錯誤的な実験によって取得される.そこで既知の文献などを元にアルコール耐性酵母菌に関して計算機上でシミュレーションモデルの構築を試み,そのモデルを用いて新たな知見獲得を試みる.本稿では,汎用細胞シミュレーションシステムである E-Cell System を用いて酵素菌の細胞壁の主成分である 1 3-β グルカンの簡潔な合成代謝経路,シグナル伝達として Pkc1-MAPK カスケードに関してモデルの構築を試みる.In brewing Japanese sake, since ethanol reaches to a high concentration by using a peculiar manufacturing method, yeast with strong alcohol tolerance is needed. Such yeast can be obtained through huge number of trial and error processes with huge cost and long time. To avoid this problem, we try to model the response mechanism of alcohol-tolerant yeast by computer simulation based on known parameters from existing literatures. We hope new insight will be obtained by our model. In this paper, we model a simple metabolism of 1,3-β glucan synthesis, which is the major components of cell well, and a signaling pathway of the Pkc1-MAPK cascade using the E-Cell system.

In brewing Japanese sake, since ethanol reaches to a high concentration by using a peculiar manufacturing method, yeast with strong alcohol tolerance is needed. Such yeast can be obtained through huge number of trial and error processes with huge cost and long time. To avoid this problem, we try to model the response mechanism of alcohol-tolerant yeast by computer simulation based on known parameters from existing literatures. We hope new insight will be obtained by our model. In this paper, we model a simple metabolism of 1,3-β glucan synthesis, which is the major components of cell well, and a signaling pathway of the Pkcl-MAPK cascade using the E-Cell system.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)

    情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS) 2008(65(2008-MPS-070)), 27-30, 2008-07-07

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

  • 平成20年度における酒類の研究業績

    奥田 将生 , 徳岡 昌文 , 水谷 治 , 渡辺 大輔 , 向井 伸彦 , 磯谷 敦子 , 藤田 晃子 , 福田 央 , 辻 博之 , 小山 和哉 , 増田 達也 , 金井 宗良

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 104(4), 260-300, 2009-04-15

    J-STAGE 参考文献682件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006865853
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10505667
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    9605459
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ