目録業務の進むべき方向とは? : トロント大学図書館研修報告(<特集>目録の現状と未来) Which direction should cataloging go? : A report of the experience in University of Toronto Libraries(<Special feature>Cataloging: Now and future)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2007年9月から2008年2月までの半年間,カナダのトロント大学図書館において研修を受ける機会を得た。本稿ではトロント大学のメインライブラリーであるRobarts Libraryと,貴重書図書館であるThomas Fisher Rare Book Libraryの目録担当での経験を元に,トロントと慶應義塾大学メディアセンターにおける目録作業とを比較しつつ,現在の目録を取り巻く状況と今後の方向性について述べる。

This paper reports an experience studied in University of Toronto Libraries (UTL) from September 2007 to February 2008. The author compares the cataloging in UTL (Robarts Library and Thomas Fisher Rare Book Library) with that in Keio University Library. Present condition and future direction of cataloging will also be considered.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 58(9), 436-441, 2008

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006874011
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    9621661
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ