北九州市お糸池における自然雑種インバモの起源と現状 Origin and present status of Potamogeton×inbaensis ina natural population of Oitoike pond, Kitakyushu-City, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

インバモはササバモとガシャモク間の自然雑種である.福岡県北九州市のお糸池では国内で唯一,絶滅危惧種ガシャモクとインバモが野生状態で継続的に生育しているが,近年,これらの個体数が減少しつつある.お糸池の現存個体と博物館所蔵の過去の標本を用いて,インバモの交配の方向と形態的特徴を調べた.核遺伝子adhと葉緑体遺伝子rbcLを解析した結果,インバモにはガシャモクを母親とするD型とササバモを母親とするM型があり,両者は葉の形態である程度区別できた.お糸池では,過去にD型のインバモが採集されているにもかかわらず,現存するパッチはすべてM型であった.栽培実験では,ガシャモクはササバモに比べて渇水時の生存能が低く,M型のインバモはササバモと同様に渇水時の生存能が高かった.お糸池では,近年,透明度の低下や渇水が起こっており,このような生育環境の悪化により,D型のインバモは選択的に生育できなくなった可能性がある.

Potamogeton×inbaensis Kadono is a natural hybrid between P. malaianus and P. dentatus. Oitoike pond, Pref. Fukuoka, is the only natural habitat of two endangered species, P. dentatus and P.×inbaensis, in Japan, but their population has been decreasing in recent years. We examined the direction of the hybridization and morphological characters in existent samples growing in Oitoike pond and herbarium specimens collected in the past. Potamogeton×inbaensis consisted of two types based on typification of the nuclear gene adh and the chloroplast gene rbcL: the hybrids of P. dentatus mothers (D-type) and those of P. malaianus mothers (M-type). Both types were roughly distinguishable by the leaf morphology. All existent P.×inbaensis in Oitoike pond was the M-type, but only the D-type was collected in the past. In drought experiments, P. dentatus exhibited lower survival than P. malaianus and M-hybrid. The habitat degradation such as increasing turbidity and a drought may cause the selective disappearance of the D-hybrids.

収録刊行物

  • 日本植物分類学会誌

    日本植物分類学会誌 8(2), 129-139, 2008

    日本植物分類学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006879077
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11585830
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1346-6852
  • NDL 記事登録ID
    9634200
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物)
  • NDL 請求記号
    Z74-C609
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ