北海道における春季のナモグリバエの長距離飛来 Wind-Dependant Spring Migration of Chromatomyia horticola (Goureau) (Diptera : Agromyzidae) in Hokkaido, the Northern Island of Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ナモグリバエChromatomyia horticola(Goureau)は、15℃で飼育した場合、日長条件による幼虫、蛹期間の変動が小さく、本種は短日条件下で蛹休眠しないものと考えられた。15℃短日条件(12L-12D)で飼育したナモグリバエ蛹を0℃で保存した場合、保存75日で生存率は10.5%、羽化成功個体は0%まで低下し、0℃に近い積雪下で本種蛹が3カ月以上生存することは困難と考えられた。積雪下における卵、幼虫越冬の可能性も低いことから、ナモグリバエは75日以上積雪の続く寒冷地における越冬が困難と考えられた。2004〜2007年に北海道長沼町で実施した黄色水盤による捕獲調査において、春季のナモグリバエの最初の多捕獲日は4月19日(2004年)〜5月5日(2006年)で最大26日間異なり、蛹、卵〜蛹の発育零点に基づき4月1日を基点に算出した最初の多捕獲日までの有効積算温度ではそれぞれ21.7〜39.2日度、32.4〜55.8日度の範囲で変動した。2004年には北海道内の100km程度隔たった2地点(長沼町、比布町)において最初の多捕獲日は同じ4月19日、2005年には両地点から100km以上隔たった羽幌町を含む3地点で最初の多捕獲日が4月27〜29日の3日間に集中し、これら多捕獲日は4月1日からの有効積算温度では説明できなかった。また、これら4年間の多捕獲日はいずれも850hPa面の下層ジェット気流における強い南風、南西風の出現と同調していたことから、北海道において春季に認められるナモグリバエ成虫の多捕獲は気流に依存した飛来個体群と考えられた。また、長沼町における黄色水盤調査において、5月下旬から6月に認められた2回目の捕獲ピークは春季の多捕獲日を基点にナモグリバエの発育零点、1世代の経過に関わる有効積算温度から推定した各世代の発生期とほぼ一致した。このことから、初夏以降認められる世代についても飛来個体群により発生が開始するものと結論付けられた。

Pupal periods of the garden pea leafminer <i>Chromatomyia horticola</i> (Goureau) were 12.6, 14.2 and 13.6 days under 12L-12D, 14L-10D and 16L-8D at a low temperature (15°C), respectively. In the samples of <i>C. horticola</i> mature larvae and/or puparia collected on wild plants and vegetables in Hokkaido, northern Japan, and Honshu, mid-Japan, the pre-emergence periods from the collecting date to emergence at room temperature did not exceed 30 days throughout the year, including autumn and winter. These results showed that <i>C. horticola</i> puparia did not show diapause even under low temperature with a short photoperiod. When puparia of <i>C. horticola</i> reared at a low temperature (15°C) under 12L-12D were stored at 0°C for various periods, the survival rates of puparia decreased in accordance with the storage period. The survival and successful emergence rates of puparia decreased to 10.5 and 0% in samples stored at 0°C for 75 days, respectively. These findings indicate that <i>C. horticola</i> puparia cannot survive more than 75 days under the snow. In the spring of 2004 and 2005, there was synchronicity among the first mass trapping days of <i>C. horticola</i> adults by yellow pan traps in 2 and 3 different localities in Hokkaido, respectively. In addition, the first mass trapping days between 2004 to 2007 synchronized with the occurrence of strong southern or southwestern winds in the 850 hPa low-level jet stream without exception. All of these findings supported the hypothesis that <i>C. horticola</i> could not hibernate in the northern part of Japan with snow periods lasting for more than 3 months. In such areas, <i>C. horticola</i> might migrate in spring on strong southern winds accompanied by lower pressure. This is the first recognized case of the long-distance migration of agromyzid flies.

収録刊行物

  • 日本応用動物昆虫学会誌

    日本応用動物昆虫学会誌 52(3), 129-137, 2008-08-25

    日本応用動物昆虫学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006881013
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186121
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00214914
  • NDL 記事登録ID
    9631185
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物) // ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-41
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ