パーティクルフィルタとDPマッチングによる感情表出動作の認識 Recognition of Emotional Motion bared on Particle Filter and Dynamic Programming

この論文をさがす

著者

抄録

人間とロボットが円滑なコミュニケーションを行う場合,人間の身振りや手振りをロボットが理解する必要がある.会話中での,身振りや手振りは言葉以上に重要な役割をするためである.しかし従来のモーションキャプチャ装置では特殊な環境やマーカの装着が必要になりデータの欠落や飛びもしばしば発生する.そこで人間の顔と手に着目しパーティクルフィルタに基づいて,両手・顔を高信頼性で検出を目標としたステレオ視によって求められた距離特徴,肌色特徴から顔・両手の尤度を算出し行いパーティクルフィルタに適用する.実験として代表的な感情表出動作を9つ用意し,軌跡の検出を行った結果,顔と両手の軌跡は安定して検出された.また簡単な識別実験も行い有効性も確認した.

It is necessary for a robot to understand human's gesture in order to communicate with human and robot smoothly. Gesture communicate plays more important role than verbal one. Conventional motion capture methods require special equipment and markers to detect a locus of human motion. Moreover they have frequently lacked in motion data. This paper proposes more reliable tracking approach based on particle filters using stereo vision. In addition, we suggest an algorithm of recognizing emotional motions stably by applying DP matching to the detected orbits of face and hands. The effectiveness of the proposed methods was verified by the experiments of detecting and recognizing simple several emotional motions.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解 108(46), 37-42, 2008-05-22

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006881198
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10541106
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    9527497
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ