2007年能登半島地震発生の半年後における建物調査(トピックス・テーマ「地震と建築」)  [in Japanese] Building investigation after half year of Noto Hanto earthquake in 2007  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

平成19年3月25日午前9時42分に発生した能登半島地震は、地震規模がマグニチュード6.9震源深さは約11kmであった。石川県能登(七尾市、輪島市、穴水町)で震度6強、石川県珠洲市で震度5強、新潟県中越(刈羽村)、富山県(富山市、滑川市、氷見市)で震度5弱、石川県加賀地方で震度5弱が観測された。ここでは、地震直後に実施した悉皆調査と半年後に実施した被災地の建物復興調査の調査結果について報告する。

Journal

  • 日本建築学会北陸支部研究報告集

    日本建築学会北陸支部研究報告集 (51), 53-56, 2008-07-27

    Architectural Institute of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006889060
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00188761
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    03859622
  • Data Source
    NII-ELS  AIJ 
Page Top