ITER中性子ストリーミング研究の現状  [in Japanese] Present Status of Investigations on ITER Neutron Streaming  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本格的なDT核燃焼実験を行うITERは真空容器に大口径の加熱ポートや計測ポート等の開口部を有しており,中性子ストリーミングによる超伝導コイルの核発熱や作業被曝線量評価が遮蔽設計の重要課題である.遮蔽設計の計算精度は,使用する核反応データベース(核データライブラリ)の精度,計算コードで用いられている手法の近似度ならびに遮蔽対象をどれくらい正確にモデル化しているかによって決まるが,適切なベンチマーク実験を実施して,その計算精度を検証する必要がある.原子力機構の核融合中性子源施設FNSでは,ITER工学設計活動の一環として,遮蔽およびストリーミング模擬体系によるDT中性子工学実験を実施し,遮蔽ブランケットに対する遮蔽設計計算精度評価を詳細に行うことで,ITERの遮蔽設計に貢献してきた.また最近ではITER移行措置活動の一環として,DT中性子照射によるポートプラグ周辺のギャップ模擬体系による中性子ストリーミング実験を実施し,モンテカルロ法およびSn法による計算値との比較検証を行ってきた.本論文では,これまでFNSで実施した遮蔽ブランケットギャップおよびストレートダクト実験の概要を報告し,最近実施した水平ポートプラグギャップ実験詳細と現在のITER中性子ストリーミング研究の現状について報告する.さらに最近の中性子ストリーミングの研究開発の動向として,日,欧,米,中で開発している「CADを用いた中性子ストリーミング計算入力データ作成の自動化」について紹介する.

Journal

  • Journal of plasma and fusion research

    Journal of plasma and fusion research 84(9), 594-599, 2008-09-25

    プラズマ・核融合学会

References:  10

  • <no title>

    KONNO C.

    Nucl. Sci. Technol. 37(SUPPL. 1), 540, 2000

    Cited by (1)

  • <no title>

    ANGELONE M.

    Fusion Eng. Des. 51-52, 653, 2000

    Cited by (1)

  • <no title>

    KONNO C.

    Fusion Eng. Des. 51-52, 797, 2000

    Cited by (1)

  • <no title>

    OCHIAI K.

    Fusion Eng. Des. 82, 2794, 2007

    Cited by (1)

  • <no title>

    BRIESMEISTER J. F. Ed.

    MCNP-A General Monte Carlo N-Particle Transport Code Version 4C, 2000

    Cited by (1)

  • <no title>

    FENDL-2.1

    Cited by (1)

  • <no title>

    WAREING T. A.

    Trans. Am. Nucl. Soc. 75, 146, 1996

    Cited by (1)

  • <no title>

    DOORS3.2 : One, Two- and Three-Dimensional Discrete Ordinates Neutron/Photon Transport Code System, RSICC CODE PACKAGE CCC-650, 1998

    Cited by (1)

  • <no title>

    KONNO C.

    J. Nucl. Sci. Technol. Suppl. 1, 475, 2000

    Cited by (1)

  • <no title>

    SHAABAN N.

    14th International Conference on Nuclear Engineering (Miami, Florida, USA, July 17-20, 2006), 2006

    Cited by (1)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006935967
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10401672
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09187928
  • NDL Article ID
    9663650
  • NDL Source Classification
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL Call No.
    Z15-8
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top