気候変動とサケ属魚類バイオマス変動シナリオ  [in Japanese] Scenario on biomass variation of Pacific salmon concerning the climate change  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

2007年秋季、北海道の対馬暖流影響海域では10月になっても表層水温SSTが20℃以上と高く、シロザケの来遊時期が遅れ、漁模様も芳しくなかった。マスコミは、この現象を「地球温暖化の影響」と大きく報道し、にわかに温暖化が海洋生物に影響を及ぼしはじめたかの印象を人々に与えた。実は、わが国に回帰するシロザケは以前から温暖化の影響を受けていた可能性が高い。さて、気候変動に関する政府間パネルIPCCは2007年2月に第4次報告書を公表し、地球温暖化が人為起源の温室効果ガスの増加に起因すると断定した。ここでは、水産学会企画広報委員会からの「特集:変わりつつある海」執筆依頼に答えるために、亜寒帯海域生態系のキーストン種であるサケ属魚類と長期的な気候変動との関係、北海道系シロザケの長期的な成長変動を解説し、IPCCの排出シナリオSRESによる気温上昇予測モデルによる温暖化シナリオに基づく100年後のシロザケ分布予測結果について紹介する。

Journal

  • NIPPON SUISAN GAKKAISHI

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 74(5), 876-879, 2008-09-15

    The Japanese Society of Fisheries Science

References:  19

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006936726
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00193422
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    00215392
  • NDL Article ID
    9660958
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-345
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE  JASI 
Page Top