宗教批判の類型と意義 : フォイエルバッハ、バルト、西田の宗教批判(<特集>宗教批判の諸相) Pattern and Meaning of Religious Criticism : The Religious Criticism of L. Feuerbach, K. Barth, and K. Nishida(<Special Issue>Criticism of Religion)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

思想史的意義をもつとみなされてきた宗教批判は、宗教そのもの、特定の宗教、ないしはある教派の真理性を否定することによって、真理性をもつと考えられる何ものかを肯定しようとする思想的な試みである。だとすれば、宗教批判は宗教に関する真理問題と関わっていくつかの立場に類型化することが可能だと思われる。本稿では無神論的立場、絶対主義的立場、包括主義的立場からなされた宗教批判として、L・フォイエルバッハの無神論的宗教批判、K・バルトの神学的宗教批判、西田幾多郎の哲学的宗教批判を取り上げ、各々の宗教批判の構造とそれらの関連性に論及する。それによって、フォイエルバッハの宗教批判は人間学の構築、バルトの宗教批判は神学の再興、西田の宗教批判は宗教の説明をめざした肯定的、創造的な作業であったことを明らかにする。

Religious criticism is a task to try to affirm a certain way of thinking concerning the truth by denying the truth of religion, a specific religion, or a religious sect. Therefore, it seems that a pattern for religious criticism can be made by considering the problem of "truth" concerning religion from three standpoints: atheism, absolutism, and inclusivism. In this thesis, the atheistic criticism of L. Feuerbach, the theological criticism of K. Barth, and the philosophical criticism of K. Nishida are taken up as criticisms of religion carried out from each standpoint, and the structure and the relation of their religious criticism are considered. As a result, the religious criticism of Feuerbach aims at the construction of an anthropology, that of Barth aims at the revival of theology, and the religious criticism of Nishida aims for the explanation of religion. All of those criticisms were an affirmative, creative work.

収録刊行物

  • 宗教研究

    宗教研究 82(2), 317-340, 2008

    日本宗教学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006937278
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00406454
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    0387-3293
  • NDL 記事登録ID
    9663743
  • NDL 雑誌分類
    ZH6(哲学・宗教--宗教)
  • NDL 請求記号
    Z9-184
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ