『細雪』四姉妹の待遇表現 : 尊敬語に見られる特徴 Social Deixis Used by the Makioka Sisters in Tanizaki Jun'ichiro's Sasameyuki : Features of Respect Terms

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

谷崎潤一郎『細雪』の中心人物である蒔岡家四姉妹の使用する、尊敬語について以下のことを論述する。四姉妹が使用する尊敬語には、関西方言であるものと、標準語であるものが存在する。中でも姉妹が最も使用している尊敬語は、はる敬語であり、姉妹によって接続に差があるものが見られた。五段動詞に注目すると、次女の幸子は、aはる型を多く使用し、末の妹である妙子は、やはる型の拗音を多く使用している。また、一段動詞では、姉妹に共通して「出る」「見る」のような語幹部分が一音節のものは、やはる型を使用し、「できる」「見せる」のような語幹部分が二音節のものは、i/eはる型を使用するという使い分けが見られた。その他、関西方言の尊敬語では、船場言葉としての「なさる」が存在している。その使用は船場言葉としては動詞+なさる型であり、標準語としては本動詞「する」の敬意型であった。標準語の尊敬語では、れる/られる型・お〜になる型・御〜型・いらっしゃる型・特定単語型が存在する。特に、れる/られる型では、不特定の人物に対する使用が確認された。このような使用は従来、はる敬語に限って見られる特徴とされている。

This paper deals with respect terms used by the Makioka sisters in Sasameyuki. The Makioka sisters are the key figures in Sasameyuki. They use respect terms of the Kansai district dialect and of standard Japanese. First, the respect suffix haru is used by the Makioka sisters many times. With godan-doshi (consonant-stem verbs) Sachiko, the second sister, often uses the a-haru type and Taeko, the youngest sister, often uses the ya-haru type (a sound contraction type). With ichidan-doshi (vowel-stem verbs) we find a common usage among the sisters. On verbs with a one-syllabled stem, such as deru or miru, they use the ya-haru type and on verbs with a two-syllabled stem, such as dekiru or miseru, they use the i-haru or the e-haru types. Second, the Makioka sisters use the respect suffix nasaru, which is used in Semba-kotoba (the speech of Semba). When nasaru is a supplementary verb, it is a respect term in Semba-kotoba. When nasaru is a main verb, it is a term of respect in standard Japanese. Lastly, as far as standard Japanese is concerned, the Makioka sisters use various respectful terms: -reru, -rareru, o-ninaru, o-, go-, -irassharu, and individual lexical respect words. Especially, I found that Sachiko use the -reru and -rareru types when referring to unspecified people, a field of usage which has usually been the domain of haru-keigo.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 4(2), 29-44, 2008

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006946036
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    9441707
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ