収量予測・情報処理・環境 地球温暖化が北日本のイネの収量変動に及ぼす影響 Modelling, information and environment: Impact of global warming on yield fluctuation in rice in the northern part of Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地球温暖化がイネ生産に与える影響の正確な予測は極めて重要である。本研究では将来の地球温暖化が北日本のイネの収量変動に与える影響について(1)過去の気温傾向、(2)過去のイネの収量傾向、(3)簡易なモデルによる予測から解析した。過去70年間の日本の各地での気温傾向をみると、年平均では0.2℃(10年換算)の上昇が認められた。しかし、季節間で昇温傾向が異なり、夏の昇温程度が他の季節に比べ、特に北日本で小さかった。品種ササニシキを北日本の同一栽培条件で生育させた収量の推移(26年間)をみると、16g/m2(10年換算)の割合で増加するものの、その年次変動は近年やや増加する傾向にあった。最後に、さらに温暖化傾向が進行した場合を想定し、簡易なモデルを用い、イネが幼穂形成期間中に受ける低温程度の指標として冷却量を算出した。「夏も春と同程度に昇温する」条件では既存の予測と同様に温暖化により冷却量を低下させたが、観測された気温傾向を反映させた「春は昇温するが夏は昇温しない」条件では1℃の昇温で冷害強度を16%増加させることが予測された。以上、現在、徐々に進行している春の昇温傾向は、冷害強度の上昇を介し北日本の収量変動を高める可能性があり、品種・作期を最適化させる必要を示した。

Accurate prediction of rice yield under the future climate is a critical factor for future food security. I evaluated the impact of global warming on rice yield fluctuation especially in cool climates using (1) air temperature trend, (2) rice yield trend and (3) a simple model. Annual averaged air temperature has been rising at a rate of 0.2℃ per 10 years, but the magnitude differed with the season. The increase in air temperature in summer tended to be slight especially in the northern part of Japan. Yield of rice cultivar, Sasanishiki grown under identical management practices, was increasing at a rate of 16g m^<-2> per 10 years, but yearly fluctuation tended to increase in recent years. The impact of further global warming on the cooling-degree day, that is, the chance of coldness in the panicle formation stage, was estimated under two climate scenarios. Under scenario I (air temperature rises uniformly over the season), the chance of coldness in the panicle formation stage was reduced similar to previous predictions, but under scenario 2 (air temperature rises only in spring), the change was expected to increase by 16% per 1℃ rise. The trend of recent temperature increase in spring may increase the risk for cold damage in rice in the northern part of Japan, suggesting the necessarily of selecting suitable varieties and planting season.

収録刊行物

  • 日本作物学会紀事

    日本作物学会紀事 77(4), 489-497, 2008-10

    日本作物學會

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006951069
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189888
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    00111848
  • NDL 記事登録ID
    9669076
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-342
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ