ニューロサイエンスと経済学モデル  [in Japanese] Neuroscience and economic model  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 町野 和夫 Machino Kazuo
    • 北海道大学大学院経済学研究科 Hokkaido University, Graduate School of Economics and Business Administration

Abstract

ニューロサイエンスの進歩によって脳の仕組みの解明が進みつつあるが,それを行動経済学の生理学的裏付けとして新たな理論体系を模索しているのがニューロエコノミクスである。同時に経済学の理論モデルがニューロサイエンスの研究成果を体系的に解釈するツールともなっており,この二つの研究の流れが相補的に発展して人間の意思決定の理解を深めるのに役立っている。こうした研究成果は政策提言にも利用され始めているが研究途上の分野であり慎重な対応が望まれる。

Journal

  • Economic studies

    Economic studies 58(3), 497-508, 2008-12

    Hokkaido University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006954489
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00070036
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    04516265
  • NDL Article ID
    9748829
  • NDL Source Classification
    ZD11(経済--経済学)
  • NDL Call No.
    Z3-110
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top