高齢者専門急性期病棟における入院期間長期化の要因と退院支援の課題--看護職者へのフォーカス・グループ・インタビューを通して Factors in Long-Hospitalization and Issues of Support for Discharge in Acute Care Units in a Hospital for the Elderly : The Focus-Group Interview Among Nurses

著者

抄録

高齢者専門急性期病棟における入院長期化の要因と退院支援の実際を,看護師の視点から明らかにし今後の課題を検討することを目的にフォーカス・グループ・インタビューを実施した。入院期間が長くなる要因として,【退院目標の提示困難】【退院先探索と調整のための時間消費】【入院を長期化させないアプローチ方法の未整備】【家族との退院をめぐるトラブル回避】【居心地のよい病院環境】【鈴木期ケースの退院支援対象からの除外】という6つのカテゴリーが,実施している退院支援の内容として,《退院目標の把握》《適切な退院先の早期探索》《チームアプローチによる適切な退院支援の確保・促進》《医師と患者・家族とのコミュニケーション促進》《病院への依存から自立への促し》という5つのカテゴリーがあげられた。高齢者専門急性期病棟の退院支援の課題として,(1)家族の思いの変化を予測した退院支援を考えていくこと,(2)現在行っている退院支援について看護師たちの経験を集約すること,(3)医療者のコミュニケーション能力を育成すること,(4)終末期にある高齢患者に対し,QOLも含めていかに対応していくかを考えていくこと,(5)病状予測や退院目標設定が困難な患者への退院支援について考えていくこと,が考えられた。

収録刊行物

  • 医療看護研究

    医療看護研究 2(1), 73-81, 2006-03

    順天堂大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006966266
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12047936
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13498630
  • NDL 記事登録ID
    8666507
  • NDL 雑誌分類
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z74-E518
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ