看護大学が市民に開いた健康情報サービススポットの広報活動 Public Relations Activities of a Health Information Service Facility in a Nursing College

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

目的:大学内に市民が立ち寄り活用できる健康情報サービススポットが開設されて3年目になる。この健康情報サービススポットの広報活動が,利用者の増加に有用であったかどうかを検討し,今後の広報活動への示唆を得ることを目的に本研究を行った。方法:調査対象期間は2004年4月〜2006年12月であり,健康情報サービススポットの記録と,研究者間での振り返りからデータを収集した。広報活動を時間軸に沿って整理し,来訪者数,リピーター,健康相談者数,ならびに当該地域住民,当該自治体,看護職・司書等からの協力や連携等の問い合わせ件数の推移を調べた。結果:3年間の広報活動の内容は<知ってもらう宣伝>と<来てもらう催事>に大別され,<近所付き合い>から始め<町のキーパーソンとの連携>によって推進されていた。<知ってもらう宣伝>は,ポスターやチラシ,案内板や看板,地域の行事への参加,ホームページの活用で,イメージキャラクターを用い,サービス内容を選択して宣伝内容としていた。<来てもらう催事>はハーブティや抹茶のサービス,ランチタイムミニ健康講座・ミニコンサートの定期的催しであった。健康情報サービススポットの最も重要な活動である健康相談の月平均利用者は,2004年31.7名から2006年88.4名と増加し,2005年の相談者の12%がリピーターであった。宣伝媒体を受け入れている店舗数は2006年現在,ポスター掲示が31件,カードの設置が10件で,自治体や自治体内の諸機関からの連携依頼や専門職の見学もあった。考察:これらの結果から,健康情報サービススポットの利用者が増え,その存在が広く知られてきていることが確認でき,広報活動は有用であったと考える。大学と地域との連携や,広報活動の中での健康情報サービスの実施について考察した。

Purpose: A health information service facility, where people can stop by to get health information, was opened on a nursing college campus three years ago. The purpose of this study was to investigate the relation between the increase of people who use the facility and public relations (PR) activities carried out by the facility staff. Method: Data were collected from the record of visitors to the health information service facility and from the reports of the PR activities in the period between April 2004 and December 2006. PR activities were ordered along a timeline, and the change of the number of visitors and inquiries from external parties was studied. Result: PR activities for the three-year period were classified into two categories: "PR activities for public awareness" and "events to which people are invited", both of which were supported by "companionship with neighbors" and "cooperation with key persons in the community." "PR activities for public awareness" included transmission of information through special events, website, posters, and leaflets. "Events to which people are invited" included scheduled events such as free tea service and short lectures followed by a concert at lunchtime. The number of visitors for health consultation increased from 31.7 per month in 2004 to 88.4 per month in 2006. Also in 2005, 12% of visitors were repeat visitors. Nearby stores accepting promotion media for the facility also increased in number; now 31 stores display posters and 10 offer information cards. There were inquiries from local governments and a visit from professionals. Discussion: PR activities can be considered effective because the number of visitors has increased and the service facility has been better recognized among people.

収録刊行物

  • 聖路加看護学会誌

    聖路加看護学会誌 11(1), 76-82, 2007-06

    聖路加看護大学

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006966994
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11289598
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    13441922
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ